So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<北のコナモン博覧会>せんべい汁やパスタも 3月22日まで(毎日新聞)

 八戸市と岩手県久慈市、二戸市の3市周辺に残る粉を使った食文化で地域活性化を図るスタンプラリー「北のコナモン博覧会」が9日、始まった。3月22日まで。

 八戸地域のせんべい汁など昔ながらの料理をはじめ、パスタなど粉を用いた料理や商品を販売する158店が参加。店を巡り、シールを集めて応募すると、30人に5000円相当の「コナモン(粉を使った食べ物の総称)」詰め合わせが当たる。

 初日の9日は八戸市中心街で、八戸せんべい汁研究所の木村聡事務局長の案内による「コナモン再発見ツアー」を開催し、約15人が市内2店舗を回った。喫茶店「みな実」でソバの実入りワッフルを食べた六ケ所村の市民団体役員、貝塚透さん(40)は「ソバの味や香りが思ったより強くて香ばしい。六ケ所にもコナモンはあり、まちおこしのヒントになる」と話していた。

 問い合わせは八戸市商工労政課(電話0178・43・9242)。【喜浦遊】

【関連ニュース】
埼玉県:観光サイトでアニメのカルトクイズ 「らき☆すた」など
北のコナモン博覧会:158店参加し開始−−八戸など /青森
あったかスタンプラリー:玉名名物の店巡り−−あすスタート /熊本
ホテル情報:ホテルオークラ神戸ほか /兵庫
日本海高岡なべ祭り:地元産食材生かして−−9、10日 /富山

最近の大工事情
カメラマンのお仕事
漁師の花道
働き盛りの、新聞記者ブログ
ガジュマル君のブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。