So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

<小沢幹事長>稲嶺新市長と会談、「思い受けとめる」(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が27日、沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場の名護市への移設に反対を訴えて当選した前市教育長、稲嶺進氏(64)と那覇市内で会談した。

 稲嶺氏は普天間移設について「(名護市)辺野古への移設をやめてほしい」と要請。小沢氏は「名護市民や沖縄県民の思いはしっかり受けとめさせていただく」と答えたという。【三森輝久】

【関連ニュース】
小沢幹事長:弱気か深謀か 自身の健康不安繰り返す
参院予算委:小沢氏団体事件で党独自調査しない 首相
原口総務相:小沢氏の参考人招致「必要だ」
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
東京都議補選:島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?

<お別れ会>浅川マキさん=3月4日、東京・新宿ピットイン(毎日新聞)
足利再審、菅家さんの追及にも元検事謝罪せず(読売新聞)
<警報・注意報>気象庁、5月27日から市区町村単位で発表(毎日新聞)
<人事>最高裁(25日)(毎日新聞)
普天間、移設先自治体の合意いらず…官房長官(読売新聞)

海賊巧妙化 厳戒アデン湾 海自派遣部隊、活動公開(産経新聞)

 アフリカ・ソマリア沖で海賊対処にあたる海上自衛隊の派遣部隊は護衛・警戒活動をこのほど、日本人記者団に公開した。警戒監視のスキを突いて出没し、巧妙化する海賊。欧州からスエズ運河を通り、紅海を経てインド洋へと抜ける海上交通路(シーレーン)は、一瞬たりとも気の抜けない海域だった。(ジブチ 大谷次郎)

 ■“空の番人”定着

 副操縦士「10時方向!」

 操縦士「あれか…」

 副操縦士「その後ろ、11時方向にも」

 機上整備員「ダウ船のようです」

 海賊船を空から監視する哨戒機P−3Cのコックピットは、拠点とするジブチ空港を飛び立った直後から緊迫した。操縦士の佐々木博行1等海尉は一気に高度を下げ、機体を大きく左に旋回させた。

 長さ20メートルほどの木造のダウ船には15人もの男たちが乗っていた。ただ、海賊船の特徴である大型商船に乗り移るためのハシゴは見あたらない。速度、針路などの情報も集められた。海賊船ならば、速やかに付近を航行している船舶に注意を促す必要がある。一秒を争う作業だ。

 漁船−。機長の大坪敏文1等海尉は断定した。しかし安堵(あんど)している暇はない。P−3Cは高度を上げ、再び監視態勢に入った。

 海自P−3Cによる海賊船の警戒監視は、派遣されて以降、126回(飛行時間約980時間)に達している。

 「何か情報はありますか?」。上空にP−3Cを確認した洋上の他国艦艇から無線が入る。短いやり取りで情報交換する。P−3Cはアデン湾の“空の番人”として、すっかり定着していた。

 ■漁船に紛れ武装

 離陸して約2時間。眼下に広がるアデン湾に、ジブチ港を出港した海自護衛艦「はまぎり」(艦長・斎藤貴2等海佐、海自大湊基地)の姿がみえた。約12ノットの速度で東北東に針路をとっている。

 後ろを追いかけるようにタンカーなどの大型商船が7隻。約1マイル(約1・8キロメートル)間隔を保ったまま2列縦隊で進む。最後尾には護衛艦「たかなみ」(艦長・沢口和彦2等海佐、横須賀基地)がいた。護衛艦は、アデン湾を通る商船に船団を組んでもらい、前後を挟む形で護衛している。

 アデン湾は年間約2万隻の船舶が行き交う。日本関係船舶はそのうち約1割に達する。この海域で平成20年から海賊が横行し、年間111件もの海賊被害が発生。昨年(10月現在)は169件にのぼった。最近は機関銃やロケット砲などで武装するケースも目立つ。漁船に紛れて、気配を消す巧妙さもある。

 「一瞬でもスキを見せたら、襲われてしまう。護衛対象船に海賊は指1本触れさせない」。水上部隊を束ねる第4護衛隊司令、中畑康樹1等海佐は出港前、こう語っていた。

 ■他海軍へ存在感

 海賊は昨年後半から、アデン湾だけでなく、ソマリアの東側沖合にまで活動エリアを拡大させ始めた。「ソマリア沿岸から1000マイル以上離れた海域で海賊事件が起きている」(中畑1佐)ため、各国海軍の監視も手薄になりがちだ。

 また、海自護衛艦による護衛船団は1度に3〜4隻だったものが、昨年7月以降は平均で約9隻に増加。1度に16隻を護衛することもあり、任務の難しさは増している。

 「貴艦が護衛中の船団周辺に不審船の情報はない。引き続き互いに情報交換を密にしましょう」

 P−3Cは船団の上空を大きく2〜3度、旋回すると再び高度を上げた。小さくなっていく護衛艦からは「護衛任務の完遂に全力を尽くします。こちらも小型船舶などの情報はなし」と返信。空のP−3C。海の護衛艦。各国艦隊の中で、その存在はますます重要になっている。

<小沢幹事長>「陸山会貸付に関する経緯の説明」全文(毎日新聞)
情報漏えい調査に「うそ発見器」=職員から協力の誓約書−防衛省(時事通信)
聴覚障害裁判員候補 手話通訳の手配怠る(産経新聞)
<空自>国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
被告供述のTシャツから千葉大生のDNA型検出(読売新聞)

囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)

 産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第48期十段戦」の挑戦者決定戦が21日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、149手までで黒番の山下敬吾棋聖が高尾紳路九段に中押し勝ちし、張栩(ちょうう)十段への挑戦権を獲得した。

 山下棋聖は北海道旭川市出身、31歳。緑星囲碁学園の菊池康郎氏に師事。平成5年入段。15年、第27期棋聖獲得で九段に昇段。18年、第30期棋聖戦で棋聖復位を果たし4連覇。十段戦では、18年の第44期、19年の第45期に連続挑戦したが趙治勲十段(当時)に敗れ、タイトル奪取は成らなかった。現在は棋聖、天元の2冠。

 今期の十段戦本戦は復活戦を勝ち上がって決定戦に進出し、ライバルの高尾九段を下して3度目の挑戦を実現させた。

 五番勝負第1局は3月4日、新潟市の岩室温泉「高島屋」で行われる。

死因究明研究会、29日から=制度のあり方を議論−警察庁(時事通信)
ボンバル機、整備のため引き返し(産経新聞)
日本版フェアユースに反対=文化審小委に意見書−新聞協会など(時事通信)
<死体遺棄容疑>京都の講師殺人 新たに37歳の男を逮捕(毎日新聞)
シカ全頭を安楽死へ 大阪・池田市(産経新聞)

<足利事件再審>菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)

 栃木県足利市で90年、4歳の女児が殺害された「足利事件」で無期懲役の判決を受け、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、菅家さんが足利事件を否認した翌日、検事の取り調べに再び自白する様子を録音したテープが再生された。

 1審公判中の92年12月8日の録音で、約5分間の雑談の後、当時は宇都宮地検検事だった森川大司(だいじ)氏は「君から変なことを聞いたんで来た」と切り出した。「DNA鑑定で君と一致する精液があるんだよ」「唾液(だえき)も付いてるんだよね。いろんな意味で一致している。君が認めたっていうことだけじゃなくて、他に証拠があるから起訴したんだよ」。科学鑑定を持ち出し、これまでの取り調べとは違って、やや強い口調で菅家さんに畳み掛けた。

 菅家さんが「全然覚えがない」と反論すると、森川氏は逮捕直後の現場検証を振り返り、「死体に草をかぶせたという君の説明は、実際と同じ状態なんだよ。誰にも教えてもらわなくて、なんで説明できたんだろう」と詰め寄った。菅家さんの答えを最後まで聞かず、性急に質問を浴びせる場面もあった。取り調べ開始から約25分後、菅家さんは絞り出すように「勘弁してくださいよお」と再び自白して号泣。法廷でテープを聞いていた菅家さんが思わず机をけった。森川氏は「うそ言うと、どこか嫌でしょう」と諭すように話し掛け、「真実ちゃんの事件(足利事件)は、うん、それでいいわ」と質問を終えた。

 テープは21日に、初公判が始まる直前の92年1月28日分と2月7日分、菅家さんが検事に初めて否認した12月7日分の計3本が再生された。22日午後は森川氏の証人尋問がある。【吉村周平、安高晋】

【関連ニュース】
足利事件:92年2月7日の地検聴取テープ(2)
足利事件:91年12月20日の県警聴取テープ
足利事件:92年12月8日の地検聴取テープ(4)止
足利事件:92年12月7日の地検聴取テープ(3)
足利事件:92年1月28日の地検聴取テープ(1)

水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも−患者団体(時事通信)
強盗容疑で37歳男を逮捕=郵便局で500万奪う−警視庁(時事通信)
新素材 98%水…医療などで利用期待 東大チームが開発(毎日新聞)
海賊巧妙化 厳戒アデン湾 海自派遣部隊、活動公開(産経新聞)
囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)

法的責任なら小沢氏進退も=民主・輿石氏「その時点で対応」(時事通信)

 民主党の輿石東参院議員会長は23日午後、小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が小沢氏から事情聴取したことに関し、「幹事長が何か本当に法的に罪を受けることになるとすれば、その時点で対応を考えていけばいい」と述べ、仮に小沢氏が刑事責任を問われる事態となった場合は、進退問題が浮上する可能性に言及した。長野県諏訪市内で記者団の質問に答えた。
 ただ、輿石氏は、記者団が「捜査の進展によっては幹事長交代も考えるのか」とただしたのに対し、「なぜ辞めなきゃならんのか」とも強調。「わたしは幹事長を信じている。真相(究明)への第一歩になるだろう」と述べ、「潔白」が証明されることに期待を示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

<阪神大震災>神戸で追悼式典 皇太子ご夫妻、首相も出席(毎日新聞)
<原爆ドーム>被爆前の姿再現 日米の映像チームが共同作業(毎日新聞)
ハイチ大地震 日本人医師奮闘 手術に診察、息つく暇なく(毎日新聞)
米運輸省、国交省に苦言=航空提携の判断に影響も−過熱する日航の争奪戦(時事通信)
小西一家総長ら逮捕=住吉会系幹部射殺事件−埼玉県警(時事通信)

野口さん、アーム初操作=「地上訓練とそっくり」(時事通信)

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一さん(44)が17日までに、ISSに備え付けられたカナダ製ロボットアームを初めて操作した。
 野口さんは12日、ISSの外部に取り付けられているバッテリーなどの交換部品を乗せた荷台(船外保管プラットホーム)を、ISSアームを操作して移設した。
 前回2005年の飛行の際には、3回の船外活動を行った野口さんだが、ISSアームの操作は初めて。野口さんはミニブログ「ツイッター」で、「地上のシミュレーションそっくり! 」と感想を述べた。 

【関連ニュース】
【動画】ロボット力士が熱戦=優勝は高校生ら、国技館で大会
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション

インプラント再使用疑惑の歯科院長、自殺未遂(読売新聞)
楓ちゃんの鎮魂曲が完成=女児誘拐殺害で地元住民−奈良(時事通信)
妨害阻止、国際世論を喚起=農水相が異例のIWC出席へ−捕鯨問題(時事通信)
鳩山政権に求めるのは「雇用・経済」 関西生産性本部が調査結果発表(産経新聞)
小沢氏側への裏献金 鹿島、下請けに指示か 水谷建設に「あいさつ行け」(産経新聞)

鳩山政権に求めるのは「雇用・経済」 関西生産性本部が調査結果発表(産経新聞)

 関西の企業や労働組合、大学などで組織する経済団体「関西生産性本部」(会長、大坪清・レンゴー社長)は18日、民主党政権の最重要政策について、労使幹部と学識経験者の89%が「雇用・経済」と回答したとするアンケート結果を発表した。次いで「無駄づかいの削減」が58%、「年金・医療」が54%の順。「子育て・教育」は22%だった。

 民主党マニフェストに「賛同する」は14%。労組の46%に対し、経営者は1%にとどまるなど温度差が明確になっている。「どちらかといえば賛同しない」と「賛同しない」についても経営者22%に対し労組では2%だった。

 昨年11月下旬から約1カ月間、同本部の運営幹部272人を対象に実施、180人(経営幹部83人、労組幹部44人、学識経験者53人)から回答を得た。

【関連記事】
「政権交代良かったか疑問」関西生産性本部会長
通常国会召集 冒頭から大荒れの様相 審議日程決まらず
通常国会召集 疑惑解明に国政調査権を
全面戦争だ! 小沢氏続投に異論なし
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」

阪神大震災 「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る(毎日新聞)
回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額(産経新聞)
<訃報>小紫芳夫さん82歳=前臓器移植ネットワーク会長(毎日新聞)
一方的報道「よろしくない」=官房長官(時事通信)
ドラマ「神戸新聞の7日間」、関西の視聴率19・3%(産経新聞)

福井さん、上原さん通夜しめやかに 羽曳野3人殺害(産経新聞)

 大阪府羽曳野市の居酒屋で、大阪市環境局職員の杉浦泰久容疑者(49)がライフル銃で3人を殺害、自殺した事件で、犠牲になった店のアルバイト従業員、福井達也さん(23)と大家の上原浩人さん(49)の通夜が14日夜、堺市と富田林市の斎場でそれぞれ営まれ、参列した友人らは突然の死を悼んだ。

 福井さんが卒業した四天王寺大学(羽曳野市)の同級生だった会社員男性(23)は「正義感が強く、ゼミでは筋の通った主張をする一方で、飲み会を盛り上げてくれる楽しい人でした」としのんだ。

 上原さんの友人の自営業男性(63)は「素朴で気さくな人でした。こんなひどい目にあうなんてかわいそうでなりません」と言葉を詰まらせた。

【関連:羽曳野3人殺害事件】
迷彩服好み、勤務先の斎場でもトラブル…銃殺の男
大阪市、自殺容疑者の退職金支払わず
大阪・発砲で死亡した大家「何でわしが…」
予備弾15発を所持、義母を最初に狙う
被害者「死ぬんや…悔しいな」 胸・腹いきなり発砲

日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)
空き地で女性死亡=上半身に刺し傷、雪に埋まる−北海道警(時事通信)
ドコモ携帯で通信障害=東京、神奈川、埼玉で(時事通信)
「指示に従わず」と部下暴行=特別救助隊員を停職−東京消防庁(時事通信)
参院比例、定年制厳守申し入れ=谷垣総裁に塩崎氏ら−自民(時事通信)

新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は1月19日の閣議後の記者会見で、新型インフルエンザワクチンについて、輸入ワクチンの特例承認が決定したことなどから、「現時点では余る公算が大きい」と述べ、余剰分の解約に向けた交渉について検討していることを明らかにした。

 長妻厚労相は、厚労省が各都道府県を通じて調査しているワクチンの需給状況や、新型インフルエンザの流行が再燃する可能性を勘案しても、「現時点では余る公算が大きいと判断している」と述べた。その上で、「各国の対応を見ながら、メーカーと(余剰分の解約に向けた)交渉をしていくことができるか否かも含めて検討している」とした。

 特例承認は20日付で、対象となるのはノバルティスファーマ社製とグラクソ・スミスクライン(GSK)社製。同省によると、それぞれ2月3日、5日から出荷される。これにより、成人量換算で輸入ワクチン9900万回分程度が確保され、国産ワクチン(5400万回分程度)と合わせて約1億5300万回分が今年度末までに確保される見通しだ。


【関連記事】
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針
輸入新型ワクチンを20日に初の特例承認
輸入新型インフルワクチンを特例承認へ―厚労省
次期通常国会への提出法案を説明−厚労省政策会議
健康成人の負担軽減、優先対象と同様に―新型ワクチン接種で厚労省

地域づくり総務大臣表彰(産経新聞)
バイオ後続品の共同開発で提携交渉―日医工(医療介護CBニュース)
<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)
道具ケア 化粧映え左右 (産経新聞)
前の車にピタリ、ETCのバー不正通過460回(読売新聞)

複数年度予算で有識者検討会=財政再建目標も議論−国家戦略室(時事通信)

 古川元久内閣府副大臣(国家戦略室長)は14日の記者会見で、2011〜13年度の複数年度予算の枠組みや新たな財政再建目標の策定に向け、国家戦略室に中期的な財政運営に関する検討会を設置すると発表した。近く初会合を開き、3月までに論点を整理したい考え。
 戦略室は検討会の論点整理を踏まえ、6月をめどに11〜13年度の歳入・歳出の骨格を示した「中期財政フレーム」や、新政権の財政再建目標を含めた「財政運営戦略」を策定する方針。古川副大臣は「中期財政フレームの具体化は、政治的な検討プロセスを経ることになる」と述べ、与党内の調整が必要になるとの認識を示した。 

【関連ニュース】
10年度、実質1.4%成長=景気「緩やかに回復」
「埋蔵金」活用、結論出ず=国民新が増額要求
「研究開発法人」の検討開始=来年2月に制度設計
国債発行「約44兆円以内」=埋蔵金は最大限活用
基本方針、来週にずれ込み=10年度予算編成で

小沢氏「国民の皆さん、理解してくれていると」 13日夜のあいさつ全文 (産経新聞)
<無料低額宿泊所>厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別(毎日新聞)
10年規模の変動を初予測=太平洋の海面水温、気候に影響−海洋機構や東大など(時事通信)
全国初 子供用携帯を都が推奨へ(産経新聞)
別の客とトラブル、殴られ大学生が死亡 大阪(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。